アーティスト活動

1/2ページ

作品売買を視野に入れないでいいアーティスト活動とは

これまでこのブログで、作品を売ることについて、アートフェアについていろいろと書いてきました。前回好評だった「何がアートで何がそうじゃないかの話」でもいろいろと取り上げましたが、何がアートとして価値があるか、ということを考える時、「売れるか売れないか」はその指標のたった一つでしかありません。 今回は売 […]

展示のご報告

  SNSではすでに告知していましたが、ここではまだしていなかったので(忘れていたので) 遅くなってしまいましたが、お知らせです。昨日から始まってるものもあるのですが…明日までやってます! すべてアートフェアですが、ドイツ、オランダ、フランスと続きます。 この時期はアートマーケ […]

アーティストとして美術を研究するって一体どういうこと?

前回の記事が思ったよりも多くの方に読んで頂いて、質問もツイッターやメール等でちらほら頂きました。日本ではやはりアーティスト自身による、技法面だけではない、内容面での「美術の研究」のイメージがつきにくいのかなと言うのが感想です。ドイツの美大では下の学生を見たりするポジションにいましたが、ここら辺を理解 […]

展示のご報告

「ご案内」じゃないあたり、すでに遅いんですが、 先週からドイツ南西、Bodenseeの近くにあるRavensburgという街のギャラリーで展示が始まっています。 オープニングには多くの方に足を運んでいただき、さらには数点ご購入頂きました。 金曜日には地方紙にも大きく取り上げて頂いたそうです。 今回の […]

アートフェア内の複雑な要素について-artKarlsruheを終えて

2月の卒業試験を終えてすぐ、まだオランダへの引っ越し真っ最中でバタバタしている中、 今年で4度目になる、artKarlsruheに出展をしてきました。ドイツ国内2番目の大きさと知名度を誇るアートフェアです。(一位はアートケルン) 毎度思うことは、「あれ、この内容ってもう記事にしたっけ…? […]

ドイツ美大の卒業試験について

Hallo ihr Lieben! 更新がまた少し空いてしまいました。 新年一つ目ということで!あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願い致します。 さて今回は卒業試験まであと2週間切っている私が いや、こんなことしてる場合じゃないんだよなあというプレッシャーを感じながら解説していき […]

私が海外でアーティストとしてスタートアップできた理由 part 2

前回の記事が長くなってしまったので、ようやくの本題はこの記事から。 実際に私が実践したことと、他のアプローチ方法について。 アーティストとしてスタートアップできたきっかけ よくいただく質問「どうやってスタートアップできたのか?」。まず最初に私がアーティスト活動を始めたのが2014年です。活動に必要だ […]

私が海外でアーティストとしてスタートアップできた理由 part 1

今まで何度か質問を受けた「どうやってドイツでアーティストとしてスタートしたんですか?」 「どうやってギャラリーを捕まえたんですか?」という疑問に、私がこれまでどうやってここまで来たかを簡単にまとめながら、分析した内容をお話ししたいと思います。 私のアーティストとしての立ち位置 これまでの簡単な経歴と […]

展示のお知らせ

書かなきゃいけない記事がたくさん溜まっているんですが 更新が滞っていてすみません。 あと3ヶ月で、約8年かけた「ドイツ美大留学」を終えることになります。 大学院の卒業は個展を開き、試験官となる教授を招待して、審査してもらうという形になります。 そして修士論文の提出を同時に。もちろんドイツ語なので時間 […]