compazine and phenergan can unisom sleeping pills cause depression desyrel manufacturer unisom sleep aid warnings provigil antitrust unisom for nausea not pregnancy

2019年を振り返って、そして2020年の目標

2019年を振り返って、そして2020年の目標

 

少し遅くなってしまいましたが、みなさん明けましておめでとうございます。
海外に長いとあまり新年を祝う日本のような感覚が遠のいていますが、(クリスマスの方が大きなイベント)毎年この時期はバタバタしているためここ数年はまともに休暇も取らず、クリスマスもお正月も作業を続けています。

今年はいろいろありました。今回はオピニオン系の記事ではなく完全に個人的な記録の記事になります。

 

2019年を振り返って
去年の活動報告

何と言っても8年居たドイツから離れてオランダに移住したことがなによりも大きな出来事でした。ドイツ美大ディプロマ卒業も大きかったですが、よくよく振り返っていると結構いろいろあったので月別でまとめてみようと思います。

1月 年末から卒制と卒論の追い込みでまあまあ記憶がない。ケルンのギャラリーでグループ展があったけれど完全に任せました。
2月 卒業のための個展とプレゼン。個展の搬入のときに作品が倒れてしまってかなりの枚数を手直ししなければならなくて死にそうでした。
2月末はドイツ2番目の大きなアートフェアartkarlsruheに出品。
3月 そのままの流れで南ドイツRavensburgという街のギャラリーで展示を組んでもらったので、搬入も含めて滞在。結果的にこの展示では10枚以上の作品を購入して頂きました。
4月 オランダへ移住。家探しとかビザのことを調べたり、ドイツのいろいろを解約したりとかばたばたでした。
5月 新生活がスタートして、アトリエを使えるようにしたりと準備。
6月-9月 ここらへんはアート業界はオフシーズンなので、制作しつつオランダに慣れつつという変わらない生活だったはず。
10、11月 シーズン再開ということで、グループ展があったりオランダ、フランス、ドイツのアートフェアに出展
12月 1月に応募が始まるので受験の準備を始める。

ざっくりとですが、案外いろいろあった年でした。
展示はギャラリーに任せることができるようになってきたので、あまり自分でいろいろ準備をする必要がなく、作品を持っていくだけとか、オープニングパーティーに顔を出すだけとか。移住で今年は落ち着こうと思っていたので、比較的のんびりと生活をしながら制作を続けて来れたと思います。

 

作品の形態の変化

ドイツ美大の卒業とか、ドイツを離れたこととか。そういうことがきっかけで今まで苦しんでいた作品の形態を思い切って変えようと思い始めました。メインの作品シリーズは5年近く続けていて、量産はしたくないという思いからできるだけ細かいことを試しながらやってきました。最近はこれ以上どうすればいいのかわからなくなっていたので、このタイミングで大きな変化を、と思い立って作品のスタイルを変えようと全く新しいことを始めています。
と言っても、コンセプトはここまで研究してきたもののままなので、本質の部分は何も変わらず、もっともっと別の角度からのアプローチをしていくだけという感じです。

最近意識することは、この時代の絵画の使命がどこにあるのか、ということで、画家として絵画の可能性を次に押し上げるような、そんな責任感を感じて作るようになりました。

 

オランダに来て思うこと

どの場所にいても思うことでしょうが、その国の中のことが世界の中心なわけではないということ。日本から見たらドイツのアートシーンはかなりレベルが高いものですが、じゃあドイツが世界で一番なのかということではないし、そもそも国で順列がはっきりつくものではありません。国民性や傾向などはたしかにその国々でありますが、それをレベルで判断するのではなく視野を広く持てたらいいなと思います。そう言う意味でとても自由でオープンな国オランダは、今の自分にとっての考え方を広くさせてくれたかなと思います。ドイツではドイツで求められるもの、評価されるもの、例えばベルリンのトレンドみたいなものが薄っすらあるように感じますが、そういうものから離れることができたのはよかったかなと思います。ドイツでこれからも活動を続けていくわけですので、オランダに拠点を構えてリベラルな文化に身を置いて、知識や考え方を柔軟にさせて作品を進化させてドイツで発表できればいいなと思っています。
もちろんこれからオランダでも展示機会がどんどんと増えていくでしょうが、作品だけを自分と切り離して考えるのではなく、自分の成長を作品に反映させていけるようにしたいなと思います。

 

2020年の目標

去年はうまくいかなかったコンクールやレジデンス、助成金などを積極的に狙いに行って、もっと価値のある受賞などを取りに行きたいなと思っています。作品を少しずつインスタレーション系の絵画にシフトして行っているので、ギャラリーも変わっていくかもしれませんし、活動そのものがいろいろと変わるかもしません。
こうしたいこうなりたいだけを見るのではなくて、いろんなことを目標から逆算して、フレキシブルに、リベラルに、活動できていければいいなと思っています。

 

ということでいろんなコンクールなどの申請の応募でバタバタしていますが
春までには落ち着けるように頑張りたいなと思います。2020年もこのブログと私本人も、宜しくお願い致します。

雑記カテゴリの最新記事